家族に気を遣ってしまう占い好き60代女性のご相談

先日は経過観察のご病気で来島できない60代のお客様を

精神的な薬の服用はないとのことでしたのでカウンセリングさせて頂きました。

心のフォローはカウンセリングで行い、ストーンたちで内外サポートを引き寄せます。

私自身神経質で人の言動にまで気が行き 何時もストレスフルですがそれほどネガティブ では無いのではと…」

というメールでのご説明・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・

これは・・・

明らかに気が付いていないですね・・・

言葉に書いて見てみると理解できますが、

これを心で思っていると良く分からない、、、となってきた状況かと思います。

神経質で他人の言葉が気になる、、、裏を返せば自分の言葉に自信がない現れで

神経質にならざるを得ない理由があり、

他人の言葉を気にしてしまうようになった原因がどこかにあります。

いつもストレスフル、、、

ストレスフルが当たり前になっており「full」ですから常にネガティブな事象に囲まれていることになります。

ネガティブなことは、ネガティブな人のところにやってきます。

これをそれほどネガティブでないと書いていますので、

自分のことが良く分かっていな状況と言えるな、、、、と直ぐに分かりました。

60代にもなってくると、50年繰り返し続けていることなどは当たり前という見えない感情に薄まってしまい、他人から指摘されないと何を言われているのかさえ分からない状況です。

ご本人様はこの感情が空気のような存在になっていました。

これがスタート地点のメールでした。

その後、カウンセリングシートにご記入いただくと、

①「過去、両親に悩みを打ち明けた記憶がない」

②夫や子供に対して距離をとってしまう。

③病気が心配

とのことでした。

②と③は①に掛かってくるだろうと直ぐに分かりました。

物心ついたときからずっと誰にも悩みを相談することなく、一人で解決してきたそうです。

あるとき、自分が何者で、どうしてここにいるのか、落とされるような不安に陥り、

その都度病院へ行ったそうです。

本音を、

一番甘えたい人、

一番わかってほしい人、

一番抱っこしてもらいたい人、

一番大好きな人に、

何も言えない、

何も相談できない、

何も話せない、

何を言っても無駄に変わり、

この状態が続いた表れが表面に出てきたのではないでしょうか。

自分一人で解決しようとすると、それは迷い悩み葛藤しますから、一度失敗すると、不安と心配が起こります。

そしてこれが先行し始め

いつしか当たり前となり、

いつの間にか、ネガティブ思考になってゆき

そしてそれに自分は気が付けず当たり前で普通にあるものと認識して数十年暮らしてきたことにより、

何時もストレスフルですがそれほどネガティブ では無いのではと…」

と、書くに至った経緯となりました。

そうだと思います

ご本人様の口から零れ落ちた言葉です。

やっと心に届きました。

また、ご病気のことを常に「大病を患っている」と表現していました。

大病、大病と言っていると現在は観察の状況が大病を引き寄せますから、

自分は大病になってもおかしくないのに、

何故、経過観察に収まっているのか?

(もちろんこれら全て含めて今世に必要な学びです)

これの意味を知ることが回復する術ですとお伝えしました。

(具体的な内容は割愛します)

このように、一番初めのネガティブの勝手な思い込み

(子供心の純粋な感情=お父さんやお母さんは何もわかってくれない、話しても無駄だ、私の事なんかどうでもいいんだ)から、

今回のカウンセリングを受けるまでずっと繰り返しが続いてきていました。

最後に、占いの件ですが、

いろいろな占いに行ったということで、占い師さんたちはどんな答えをくれたのか興味があったので聞いてみました。

「神社に行って手を合わせること」

「お墓にお参りに行きなさい」

そのようなことばかり言われたそうです。

ネットショップに書いてありますが、

占いはポジティブに思っていて迷ったときに方向性を占ってもらったり、

自分のことを自分以上に理解して諭してくれる方に、

証明が出来て自分が腑に落ちる占いをしてもらうのが良いかなと個人的には思います。

神社に行って憑依を落とすのでは、根本的な原因の解除には至りません。

憑くのは自分がそういう状況であり、重要な道しるべや自己確認でもあります。

憑かれるには原因がある、ということです。

今回のような、心の中に原因があるという話は全くされたことがなく、

アンクレットは石そのもののエネルギーというよりも、
身体に関して良い波長となるものを選びました。
ガーデンクォーツだけは、個人的に良いかなと思いいれてあります。
もっと自然と人生の共有を進めた方が良いように思いました。


自然というのは、この地球の環境の中で「完全」です。
というのは、心を持たずこの中のタイムスケジュールに沿って同じ結果を出してきます。
人間よりも明確にこうなるからこう、となっています。
私たちは、感情や思考、潜在意識そして魂やカルマと言われる性質まで持ち合わせ、
様々な動機が混ざり合って生きており、常に不調和な存在ですよね。


ですので、心と体を自然の中に入れてあげて、外側(体)と内側(心)から
不調和を調和側に持っていくという意味を入れたいなと感じガーデンクォーツを入れました。


ゴルフが出来ないのであれば、庭の草むしりをしてください。
庭がないのであれば散歩をしたり植物を家の中に飾ったり草花と親しんでください。
ちなみに昨日ホームセンターに買い物に行き、たまたま出会ったデンファレを自分の家の食卓用と
隣のおばぁ用に購入してきまして、家の中がパット明るくなりました。


気分も変わりますし、植物特に花は、人の心を感じると言われています。
そういう場面に遭遇したこともあります。


このようにしてみたらどうかなと思いました。


シトリンとサンストーンは、ケガや病気の際にいつも入れています。
これらが起こる理由はストレスが原因にあたることが多数で、
カウンセリングで思い当たるふしがあったかと思います。
ストレスは「陰」、ですので「陽」を入れ相殺するという意味です。

今日は本当に目から鱗で、腑に落ちましたとお返事がきました。

やっぱり人生は自分が作っているんですね。

*この内容はご相談中の一部を抜擢し要約して掲載しています。

@@@@@

「原因と結果の法則」に基づき、
カルテに詳細を書いて進行するパワーストーン のカウンセリングを行なっています。

スピリチュアルな会話は少し織り交ぜ、

本人が理解しているようで分からなくなってしまった原因を一緒に探し、

自分の心が作ってきた現実に沿った会話をする事で、終わった頃にはそういう事だったのか!

と、自分が良く理解するからこそ
前に進めるようになる事を目標としています。

これまでの成就報告ネットショップからお問合わせ下さい。

カウンセリング申し込みは下記から。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。