4年ぶりから変化少なく、今回はカウンセリングで姉妹の原因探し~見つかりました!

4年ぶりにご来店されたときに、その時に購入したブレスレットを身に着けていたので、

「まだ身に着けるということは、そのストーンの学びが終わっていないことになりますがどうですか?」

是非、カウンセリングをお願いしたいです!

今回のお客様は、初日は妹さん、そして次の日にお姉さんという流れで進行しました。

お姉さんは初日来店時は受けるつもりはなかったようですが、

初日のカウンセリングが終わった後、妹さんから勧められてのご相談となりました。

対照的な性格で、

妹さんは、とてもエネルギッシュで伝えたい気持ちが全面から伝わり、

お姉さんは反対に、まず一歩下がって聞き、考えてから言葉を発する癖がついていました。

これは環境依存が起こっていて、原因があるからです。

性質は対照的で、しかし相談内容を書いて頂くと、二人ともに現在と未来のことが心配だと書いていました。

ということは小さな頃から、その時に思うことは違っても、人生を通しては同じことを考えてきたのです。

妹さんの印象的なところは、

自分はこんなに頑張っているんだ、分かってほしい、認めてほしい、理解してほしいとグイグイきて、

誰かに伝えているように聞こえました。

自分と違った意見を言われると「でも・・・」という言葉が何度も出てきていました。

無意識の繰り返しの中にいるのでご本人はあまり分からないでしょう。

これは自分の思いが強いから出る言葉です。

この強い頑固な感情は、これまで育ってきた不平と不満からきており「安心」が少ない環境から生まれやすく、

この強い意志があるためにアドバイスがなかなか入っていきませんでした。

お姉さんに「あなたはとても優しいよ」と言われても頑なに「そんなことない」と認めたくない感情も出てきていました。

「ありがとう」と返す場面で自分を自分で否定しています。

これらは、否定されてしまう環境下で育ってきており愛を素直に受け入れることが苦手になっているからです。

お姉さんはどうだったか?

質問をすると、一呼吸置き頭で考えていました。

そして思いを伝えます。

心で感じることを捨ててしまっているようでした。

周りに気を遣い自己犠牲を伴ってきた方です。

我慢する癖がついていたので、人間100歳と考えてもう少しで半分、今後は我慢しない癖をつけていきましょう。

我慢ばかりしていると病気になりやすいですよ。

我慢とは飲み込むことでしょうか?

飲み込んできたんですか?

それはいけません、我慢を飲みこみ、溜まっていくとどこにいきますかね?

今後は心で感じて言いましょう。

お二人に共通することは、誰から安心をもらいたく、誰に気を遣ってきたのか、、という点です。

ここで点と点が線になりました。

今までの自分を変えたい、これからの未来を輝かせたいと思うのであれば、

今までと同じことをしても何も変わりません。

では、どうすれば良いのか?

今までと違ったことをする。

輝かすことが出来なかった原因はどこにあるのか?

考えただけでもやりたくないことをする。

これを二人にアドバイスして終了しました。

妹さんは約2時間、お姉さんは約1時間半でした。

お姉さんは、終わり間際に、

「実は数年前に5回入院したんです。」

「え!!」、「やはりそうですか・・」

「喉の病気をしませんでしたか?」

「はい、喉から血が出ました」

飲み込むとどうなるか分かりましたね

お二人ともに終了時に涙が流れ落ちました(ようやく心が動きました

*この内容はご相談中の一部を抜擢し要約して掲載しています。

パワーストーンたちは、心に作用します。

心を高めていれば嫌なことを引き寄せません。

不安があるから不安な心に引き寄せられます。

不安な心を作った原因を探して、向き合い、癒すことができると心が一つ上に高まります。

自分の出来るペースで一つずつ高めていき、

且つ、徳を積んでいくほどに幸せ性質となり、幸せを引き寄せられるような心に変化していきます。

これを目指すことが人生を豊かにする最良の近道です。

一緒に進んでいきましょう!

@@@@@


「原因と結果の法則」に基づき、
カルテに詳細を書いて進行するパワーストーン のカウンセリングを行なっています。

スピリチュアルな会話は少し織り交ぜ、

本人が理解しているようで分からなくなってしまった原因を一緒に探し、

自分の心が作ってきた現実に沿った会話をする事で、終わった頃にはそういう事だったのか!

と、自分が良く理解するからこそ前に進めるようになる事を目標としています



これまでの成就報告ネットショップからお問合わせ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。