素人でもできるマンゴー栽培 マンゴーの接ぎ木

石垣島からアクセサリー屋の店主でも出来ちゃうシリーズ

路地でマンゴー栽培

マンゴーの苗を買おうとすると3980円してなかなか高価なので、

素人でも種から育てて接ぎ木できるか検証しています。

タダから何かを生み出しましょう!

 

 

 

マンゴーを種から育てると実がつきにくいと言われており、

実がついている木の枝を使って、このように接ぐ処理をします。

 

葉を落としてV字にカット。

この際、先端は指でなぞると曲がるくらいに薄くて良かったようですが、

画像の様にとんがらせるくらいにしました。

なるべく同じくらいの太さの枝同士をくっつけると確率が上がるのかなと思いきや、

元になる木が大きいほど勢いがあるようです。

先人たちのブログやYoutubeを見て真似てみました。

 

お互いの淵の部分を合わせる感じがいいと書いてあったので

そのようにして、紫外線で溶けるテープを巻きました。

 

こんな感じに仕上げて、次にビニールかジップロックを被せます。

乾燥を防ぐそうです。

調度雨降りだったので良かったです。

 

マンゴーの接ぎ木の成功率は結構低いと聞いていて、

知り合いも失敗したと言っていたので3本中1本でも芽が出てくれると良いなくらいに思っています。

 

更に、最後にレイキを入れて完了です。

そういえば書いてなかったですが、作物には必ずレイキを入れています。

宇宙のエネルギーと繋がり自分がパイプとなり木に与えます。

だれでも出来るのでイメージしてやってみましょう。

 

だからかもしれませんが、おばぁが「あんたのところはいつも甘いさぁ、何でかね??」と、言うのかも。

なるべくお金を掛けず誰でもお得人生を構築する企画は続きます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。