22.3.16 減農薬パイン栽培の草抜きと島の猫の糞被害

暑くなってきたぞ石垣島!!

半袖OKです。

前回の続きを書こうと思ってはいるのですが

なかなか書く時間と気力がないので今後は、今日は何をしてきたかの記録を書いていこうと思います。

それなら、簡単にかけるのでどんどん短く書き溜めていこう。

画像の右側は雑草取りをしてきたところ、センターはこれからするところでパインが雑草に隠れています。

そして左側は今後雑草取りをするところです。

今日はこのラインの草抜きを約1時間半ほどやってきた。

腰も痛くなるけど、何故か行きたくなる畑。

農業も地道な作業ですな!

何の変哲もない画像なんだけど、実はウチの駐車場です、

これピラミッド型に珊瑚が盛り上がっていてハエがたかっている

その中には猫の○○が入ってる。。

この猫は神経質で、このように珊瑚砂利を綺麗にまとめていく癖のよう。

隣のおじさんが餌だけやっているのは分かっていて、

でもどれだけ他人に迷惑を掛けているのかなんて全然わかってないのかも。

となりのおじぃやおばぁ、裏の家族、その裏のおじさんまで結構被害が広がっているみたい。

島にはこんな風に困った方が結構いるようです。

何年も住んでいるとそういう話をよく聞くようになりました。

これだけやる手間よ!!

雑草を抜いては繰り返したどり着いた答えは、、、このように敷き藁を引いて防草するように至った。

オーナーはいろいろ考えて思案して2度手間も経験してやっとたどり着いた。

お疲れさん!!

収穫したキビの余り葉をブロックに圧縮したもの。

これを製糖工場に買いにいき、モアで細かく刻んでパインの間に撒く。

そうすることで雑草が生えにくくなる算段。

手間と時間がどんどんかかっていく作業。

だからこそのあの甘みとつゆだくパインが出来上がる。

あと、1か月でできるどーーーーーー!!!!!

ネット注文できるからね

追記

作業が終わって、知人にじゃがいもを持っていこうと思い掘って帰ろうとしたとき、

向こうの方からキビ畑のおばさんが歩いてきて、僕にみかんをくれた。

「オーナーさんじゃないですよ、手伝いに来ている者です」

「いいわよ、にぃにぃが持っていきなさい」

「いいんですか、有難うございます」

「それなら、オーナーさんに言っておくのでじゃがいもを持って行ってください」

「いえいえ、いいですよ(遠慮している)

「彼が植えているじゃがいもなので問題ないですよ」

「ありがとうね」

こんな感じでぐるぐる回る「良心」、良き島だ。

僕はこんな環境が好きだ。

アートブログの説明文に、先にあげることの人間になりたいと書いた記憶がある、

今朝は先に頂いてしまった、まだまだ精進精進。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。