コロナ禍によりお店が開いてない場合はお電話頂ければ約30分後に営業可能です。

島ナイチャーがフサキビーチリゾートにお得に泊まったよ!ディナー編

夕食前の散歩からお次はお楽しみなディナーへ!

結構観光客の方が居て、全体画像は撮影できませんでした。

場所は2階にありました。部屋番号と名前を提示して席に案内してもらい、

5500円分食べるぞ~~!!と挑みます。。。

ビュッフェなのでとりあえず食べ物を物色しにいくと、、、

お皿が、、、

数種類用意されており、これは何でかなぁと思いました。

海鮮!!!!

ホタテGETです!

きちんと氷の上に置かれており、ディスプレイもされていますね。

殻付きがいいですね!

隣には箸休め的なデザートとサラダ。

気分が踊ります!

お寿司も数種類ですが取ってきました。

次のお皿はこってり系。ピザやお肉、ワインがあったのでバゲットなども豊富でした。

アートホテルのランチビュッフェに行ったときに、カレーが絶品だったことがあったので、

フサキもどうかなと思ってカレーを取ってきました。

リピートしてきたものは好みだった食べ物です。

このクリームチーズ載せが一番好きカモ!

変わり種のフォーです!

パクパク

紫芋のポタージュもなかなか美味しかったです。

そしてこのホテル系の定番!

個人的にブルーシールのアイスがあるから行くっていうのも理由の一つに入るくらい好きです。

今回は失敗してしまって左曲がりな形に!

明日の朝食で再チャレンジしよう。

少しだけ外観です、カジュアルな感じのコーナーや、半個室、団体用と別れていて

食事もそれぞれの種類でテーブル分けされておりスムーズに好きなものを頂けます。

12月の上旬で団体さんがいたり、修学旅行生がやってきていたりと、テーブル席はピーク時は7割近く埋まっていました。

これだと夏のシーズンイン時はキャパは足りるのだろうかとか思ってしまいますが、その辺はまだ隠れた部分があるんだと思います。

料理の方は初めの頃にお皿が数種類あったと書きましたが、

これには絶賛賛成でした!

お料理を持ってくる際に、この料理はこのお皿の方が映えるなぁとか考えながら楽しめました。

これはアリ!

これを意識して経験してしまうと、逆にお皿が同じだと面白みに欠けるなあと思ってしまいそうです。

料理好きな方やデザインやクリエイティブな方にも受けそうですね。

料理が少なくなるとフロアーの方が直ぐに連絡して新しい品が出てきます。

辛口で言ってしまうと、これはリピートしたい!という品が2品しかなかったのが寂しかったかな。

平均して美味しかったというのがピッタリの表現です。

裏技ではないですが、ビュッフェに行く場合はオープン時間に行くことをお勧めします。

色々なものがスタートされた状態で、スタッフさんたちも「さぁ!どうぞ~」と思っているからと、

オーダーストップまで満喫できるからです。

番外編 夜景編

ディナーのあとはそのまま歩いてお部屋までもどりましたが、

夜景散策も少ししました。

なかなかロマンチックです。

絵本に出て来そうな画になりました。

良い雰囲気で程よい距離の散歩が出来て安眠できました。

次回は朝食編へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。