コロナ禍によりお店が開いてない場合はお電話頂ければ約30分後に営業可能です。

島ナイチャーが自宅から5分のANA インターコンチネンタルホテル石垣リゾートにお得に泊まったら〜お部屋編

21.2の沖縄県のステイホテルキャンペーンを使用してANA インターコンチネンタルホテル石垣リゾートに宿泊した際の記事になります。ブログの移転と同時に中断していたので続きをレポしたいと思います。

第一回目の記事はアートブログにて。

さぁさぁインターコンチにチェックインしてお部屋に到着しました!

適度に空間があり、リゾートという感じです。

ベッドはホワイト一色で清潔感を出している印象。

石垣島なんでやっぱり海と連動するカラーであるブルーを入れるのはどのホテルも意識しているでしょうから、

ここで奇抜なカラーを持ってくるホテルがあるとすれば斬新なのかも、

何度も来島するリピーターさんたちが喜ぶようなroomカラーとか、良いかもしれませんね。

このプランのお部屋は、自分の家の一室のような感覚がしました。

そこまで飾らずカジュアルで落ち着いた雰囲気です。

床の敷物は海ですね。

お、ここは壁じゃなくて扉なのかな??

なーるほど ザ ワールド ですね(古!)

オールオープンにもできるようになっています、洒落てますね~

何か部屋の可動域を変更できるようにしてあるんですかね。

もしかしたらバスから海が見えるようにしてあるのかな、どなたか泊まって確かめてみてください。

天井にこんな感じでレールがありました。

元職人としてはこういうところをチェックしてしまいます。

ガラス張りのバスです、タイへ仕入れに行ったとき以来だなぁ

浴槽は脚を十分に伸ばせる広さでゆったりできます。

トイレスペースも十分です。

ただ、これはフサキ同様ですが、、高齢になるほどに分かりにくいと思われます。

字が小さくて読みにくいです。

バルコニーはプライベート重視されており、隣は見えません。

この程度見えない方が好みです。

床にはフローリングに似た床材が敷かれており、裸足で出れるような感じです。

石垣島はとにかく西陽が強いのですが、

この棟は西側にも棟があるので太陽が落ちる頃は日陰になってくれて良いです。

ベランダの梁の塗装が侵されていました。

元防水屋としてはこれで良く新築の検査を通ったなという印象です。

東京だったらまずやり直し。

原因として、下の防水材の硬化不良か、、攪拌した際に上澄みのオイルをきちんと混ぜきれてなかったか、、想像が直ぐにつきました。

人が誰も居ませんでした。とても良い眺めです。

プールの底がブルーに塗装されていて水が海のように動くんですね~へぇ~~~

こりゃ、夏に泊まったらいいだろうね~~

島に住んでいても思考を変えれば地元ホテルも十分に楽しめますね~

続く

とうとうBEST3にまで来ました~~~!!

運営者
運営者

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。